So-net無料ブログ作成
検索選択

仙台市中一自殺事件で、転校だと偽った件で、学校を責める前に考えていただきたいことは、自死遺族が置かれている現状です。 [自死(自殺)・不明死、葛藤]

仙台市の中学一年生が昨年自死した件の続報で、
学校が、一部の生徒以外に、
自死の事実を伝えずに、転校したなどと説明したと
報道されています。

マスコミは、学校を非難する論調に見えてしまいます。
確かに正しいことではないと思いますが、
ぜひ、学校を非難する前に考えていただきたいと思います。

それは、報道による限り、
亡くなった生徒さんの保護者さんの意向が強かった
とのことです。

これは、自死に対する世間の反応や
自死遺族の置かれている現状からするとありうることです。

自死に対しては、マスコミは興味本位で取り上げているように思います。
特に芸能人に関する自死は、
ワイドショーの格好のネタになっており、
その人のプライバシーも
訳知り顔に暴き立てることをテレビで放映します。

おそらく、それまで身体的に健康だった人間が、
自ら命を落とす行為をして、
死に至る行為に不安を感じるのでしょう。

死んだ人やその家族を特別なものとして扱い、
自分たちは関係がないと安心しているように見えるときがあります。

そして、全く関係のない人たちが
ネットなどに
死ぬなんて無責任
意志が弱かったのだ
ということから始まり、甚だしいと
あてつけがましいとか
家族に原因があるなどと勝手なことが書きこまれます。

自死についての説明をあちこちでするのですが、
なかなか耳を傾けてもらえません。

自死の事件を膨大な数担当している経験からすれば
自死をする人は
意志が強すぎて
責任感が強すぎるから自死が「できる」
ということが実態に即していると感じています。

これまでも何度かお話ししてきたことです。

http://heartland.geocities.jp/doi709/gokai.html
(私の事務所のホームページの記事です。
 よろしかったらご覧ください)

私の知っている自死遺族は、
通夜の時、親戚から
「なんで、こんなになるまで放っておいたのだ」
と罵声を浴びせられました。

損害賠償を請求していた遺族は、
反対勢力から
親がパチンコばかりしているから子どもが悩んでいたと
虚偽のうわさを流されました。

夫婦関係が悪かったのだなと
訳知り顔で
職場でうわさされたり、

配偶者の家族から
責め続けられる人もいます。

全く根も葉もないことで責められるのです。

自死遺族は、
家族が亡くなっても
ゆっくり悲しみに沈むこともできない人が
実に多くいらっしゃるのです。

自死は、自死の続きを考えられなくなることから
実行をしてしまう行為で、
自分の力で止めることができないところに
特徴があります。

死にたいというロマンチックな感覚ではなく
「自分は死ななければならないんだ」という壮絶なものだとのことです。

http://doihouritu.blog.so-net.ne.jp/2015-04-07
このブログの7月4日の記事ですよかったらお読みください

対人関係の中で追い込まれ続けて、
自分が、対人関係の中で
(学校、職場、家族、社会等)
将来的に尊重されて、協調的に存在することに
絶望することで、

生きる意欲が失われていく中で、
死ななければならないという
自分ではどうしようも抵抗できない思い込みから
自死の行為を自分で止めることができなくなる
と説明することがリアルだと思います。

そうなると、
自分から、すべての第三者を信頼することができなくなったり、
仲の良い親や友達に
自分が苦しんでいることを
知られないように努力してしまうようです。

家族が直前までわからないことは
理由があることなのです。

それにもかかわらず、
実に無責任に
自死は、様々な要因が複合的に連鎖して起きる
などという訳知り顔のドグマが幅を利かせて

いじめがあっても
自死との関係は不明だとか、
家族にも責任があるという
無責任なコメントが横行するわけです。

もし、なくなられた生徒さんの保護者の方が
自死を隠したいという気持ちになっても、

わが子が死んでまで中傷されたくないという気持ちや
わが子が死んでまで、自分たちが非難されたくないという
その気持ちは
ありうることだということを理解していただきたいと思います。

マスコミの方々は、
何か問題があると
責任の所在を探して批判するという論調があることが
気になって仕方ありません。

再発防止の観点からは
責任者を非難するのではなく
原因を探求して、
一つ一つ除去していくしかないと思います。

責任非難は
むしろ、再発防止を阻害することが
多くあるような気がしてなりません、。



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

匿名

私も自死遺族です。「津波被害の人はもっと大変よ」「前向きにね」「いつまで落ち込んでいるの?」など言われるうち、何もかも嫌になって隠れて泣くようになりました。他のご遺族が隠そうとされるのも、痛いほど気持ちがわかります。「いい人でしたね」も「直前まで元気だったのにね」も、もう何を言われても辛いです。
by 匿名 (2016-03-24 13:04) 

ドイホー

私の父は15年前に病気で他界しましたが、いまだに悲しいです。私がそんなことを言われたら、猛烈な勢いでかみつくと思います。一言で言って、余計なお世話ですよね。
by ドイホー (2016-08-29 12:27) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る