So-net無料ブログ作成
検索選択

支援による子連れ別居は、女性に10年たっても消えない恐怖を植え付ける  女の敵は女2 [家事]



「連れ去り」という言葉はだめなんだそうです。
子どもを連れて夫の元を去るということなので、
特に悪意が込められているわけではないと思うのですが、
抵抗があるそうです。

こういう声に耳を傾けると
見えてくることがあります。

今日はそのお話。

結論から申し上げますと

支援による連れ去り離婚をしたお母さんで
幸せになった方をあまり見ていない
ということです。

極端な例かもしれませんが
離婚して10年も経とうかというのに
離婚から何年も実家で過ごしてから、
要するに離婚から10年たってから引っ越しをして
その住所に夫から手紙が来ただけで
110番してしまうほど
怯えて暮らしている人もいらっしゃいました。


こういうケースでも
夫と同居しているときは、
いろいろ不安や不満がありながら、
それなりに楽しいこともあり
(忘れていることが多い)
一緒に人生を送られているのです。

子連れで別居して、
色々手続きを取って
晴れて離婚して
子どもとの生活を送っているのに、
元夫を病的に恐れて
夫に似た人を見るだけでパニックになるので、
ばったり会うのが怖くて街中も歩けない
というお母さんが多いのです。


せっかく、夫を独りぼっちにして
自由を手に入れたのですから、
もう少し幸せそうに、
晴れやかな生活をしていてもよいと思うのですが、


このことを考えだすきっかけがありました。

先日ある離婚訴訟で
子どもを連れて別居した
妻の本人尋問がありました。

それまでは、怒りや呆れ、あきらめがあり
幸せではないという自覚があったようです。
ぼんやりと自分に何か悪いところがあるのだろうか
と思っていたそうです。

ところがあるときから
夫を恐れるようになったそうです。
そのあるときというのが
女性の権利の相談を受けたときからだというのです。

「あなたは悪くない。」
と言われたそうです。
「ああ、自分は悪くないんだ。」
ということなので、
一見良いことをしたように思うでしょう。

ところが、実際は、
それまで怒りの対象だった夫が
恐怖の対象になったというのです。

こういう方は少なくありません。

先ず、夫の顔が見れなくなります。
裁判所ででもそうです。
中には、うつ病になり仕事にも行けなくなる人もいました。
カウンセリングを受け続けてる人もいます。

これが、いわゆる虐待とでもいうような
ひどい目にあった人たちならばわかるのですが、
必ずしもはっきりしたことのない人たちでも
見られるのです。

それで、この記事の前の記事で、
「どういう支援を受けていたのだっけ?」
ということでおさらいの意味もあって、
整理したら、
そのひどさに改めて怒りがわいてきました。
そうして、なんとなくわかったような気がしました。

要するに、役所が行う
不安を持っている妻に対する支援は、
一言で言って、
「直ちに子どもを連れて逃げなさい。」
ということに尽きるというものです。

しかし、それまでの何年間
いろいろと不満はありながら
同居してそれなりに
外食をしたり、旅行に行ったり
家族として生活していたのです。

しかし、妻が何か反論をすると
「DVはなおりません。命の危険があります。」
とくるわけです。

しかも、親身に聞いてもらっていますし、
自分の味方はこの人たちだ
と思うようになるのかもしれません。

自分が悪いのではなく
1から10まで夫が悪いんだ
というアイデアに、アヘンのように
依存していくものかもしれません。

だんだん良い思い出にふたをして
その日まで同居していた夫から
逃げ出して、居場所も隠す
子どもも連れていくという結論から
逃れられなくなるのかもしれません。

<どうして夫が怖いのかの考察>

一つには、支援を受けることによって、
夫は、自分を支配しようとする
「典型的なDV夫」だと
思うようになるのではないでしょうか。

「知らないうちに、自分は
 とんでもない悪い人間と
 夫婦になっていた。」
という背筋も凍るような思いをしているのかもしれません。

自分が一緒に住んでいたリアルな夫像は
自分の認識の甘さだということで、
記憶も入れ替えられているのかもしれません。

別の理由には
私は後ろめたさがあると思います。
だって、自分が体験した事実と違うことを
夫の印象だったり、出来事だったり
こちらが訂正しないことを良いことに
「支援者」たちは勝手に決め付けて
どんどん、別居と離婚を進めてしまうのです。

そんなに夫が悪い人だろうか
ということを思うことは許されません。
しかも、圧倒的多くのケースでは
子どもは父親を嫌ってはいません。
父親も子どもを愛しています。
そのことを妻は知っています。

「支援者」たちが子どもも
夫から遠ざけるのですが、
結局は自分が夫の元から
だますような形で子どもを連れて行ってしまうのです。

後ろめたくないわけがないと思います。

だからこそ、言い訳をするのです。
「自分が幸せでなければ子どもが幸せではない」
「このまま夫婦がいがみ合う姿を見せていたら
 子どもに悪い影響が起きる。」
「子どもを手放すわけにはいかない。
 子どもに母親が必要だ。」

でも、心のどこかで
言い訳だとわかっているのです

だから、これを「連れ去り」とズバリ言われると
グサッと来るので
言葉にものすごい抵抗を示すわけです。

離婚できて、別々に暮らしているのに
常に、元夫が自分を探しているのではないか
どこかの街角でばったり会うのではないか
そんな心配は終わることはありません。

自分がやったことの報復を心配するわけです。

夢の中では、
夫も含めた家族で
普通に旅行に行っていたりしています。
朝起きて、汗をびっしょりかいている
そんなこともあるのでしょう。

この恐怖の理由はわかりやすいです。

元夫を、「そこから逃げる対象だ」という意識付けが
そういう予期不安による恐怖を作り
固定化していると言って矛盾はないでしょう。

だから、そういう「支援」をする役所に尋ねたい。
自分たちの「支援」で離婚した妻や子どもたちが
その後どのような生活をしているか、
元夫の影におびえていないか
追跡調査をしているのかということです。

別れさせて終わり
相談を受けて、直ちに別居して
家庭裁判所で話し合いなさい
(離婚調停ですから離婚にしか向かいません)
というアドバイスして終わりではないでしょうか。

それでは、このような「支援」は
女性を幸せにすることが目的なのではなく
離婚させることが最終目的だと
結果としてそうなると私は思います。

経済的に苦しくなる
男手がなくなる
それだけではないのです。

妻の心にも有害なのです。

「子どもを笑顔にさせたい」
そんなことさえ忘れてしまうような
そういう生活になってしまうかもしれないのです。

私はそんなことにならないように
夫婦の生活が快適になるような方法を研究していますし、
離婚が避けられない場合でも
子どもと相手親との面会交流を頑張っている
お母さんのお手伝いをしています。

問答無用で人の人生を破壊することに
断固反対しています。

nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 10

斉藤ママ

嘘をついて離婚を有利にしようとしたからです。
仕返しが怖いのが当たり前でしょう。
タガが外れていたったことですね。
タガをはずしたのは支援者でしょう。恐ろしい。
by 斉藤ママ (2016-12-13 14:05) 

学費辛いママ

依存体質の人は何しても無理ね。
離婚しても相手を怖がっているようでは、子の親としても失格。
与えられたのはきっかけにすぎず、結論は自分で考えなきゃ。

私みたいに相手に寄生することしかできない人間のカスみたいな結婚相手からの洗脳から解けて、子供と一緒に幸せな人生を取り戻している人も多いけどね。
by 学費辛いママ (2016-12-17 21:26) 

ぴーママ

問答無用で人の人生を壊してるのは、DVやモラハラする人だと思いますけどね。
by ぴーママ (2016-12-17 21:37) 

ドイホー

いろいろな方にお読みいただいているようで、感激です。ありがとうございます。私としては、対立構造によって当事者の方々が新たに苦しむ状況を無くしていくことを願っています。DVやモラハラをなくすことはとても大事です。共感いたします。どのようになくしていくかということを具体的に考えていくことが必要だと思います。今後ともご教示のほどよろしくお願いいたします。
by ドイホー (2016-12-21 12:27) 

斉藤ママ

相手に寄生する事しかできない人っているんですか?
家事は分業です。家族の健康管理は重要な仕事です。
子供がインフルエンザにり患したら、ずっとついて見守らないと、
マンションから飛び降りてしまいますよ。
奥様というのは命を預かる重要な仕事です。
シャドウワークを仕事と認めない人は危険思想の持主です。
絶対に関わってはいけません。
by 斉藤ママ (2017-02-16 10:40) 

斉藤ママ

私の相手方の書面を見ると、金、金、金だらけです。
金という文字を何回書いているんだ、と思うぐらい。

まったくそういう人ではないので、
金至上主義の人が代筆しているんですね。
私の言った事が、「XXXXしてくれ」と男言葉だったり。
日本語を深くしらない外人が書いているのかもしれません。

DV加害者プログラムの山口のりこという人は
メールアドレスがcnで終わっていました。
講演会を聞いたら、自分の原稿の簡単な漢字が読めなかった。
(原稿は他の人が書いているんでしょうか)
本もひらがなが多いです。小学生ぐらいのレベルしかないようです。

中国人は漢字が苦手ではなかったような気がします。
だから、半島あたりでしょうか。。

いろいろな市民団体にも外国人がリーダーになって、
ロビー活動やっています。日本人の意見ではないのに、
日本人のふりをして、政府に助成金を要求したりして、汚いですね。



by 斉藤ママ (2017-02-16 10:51) 

サド

連れ去りするっていうことは、一言でいうと、自己中心的ってことなんで、
まあ、そんな人は、どこに行っても幸せになれないでしょうね。
それに、逃げてる自覚があるわけです。
指名手配されてるようなものです。日陰者ですよ。
そんな人は、幸せになれません。
やはり、とことん話し合って、離婚について合意しなければいけません。
逃げるようなことをしてはいけないのです。


by サド (2017-05-12 22:07) 

学ぶ人

「あなたは悪くない」とは魔法の言葉だなと思います。
結局それでは救われないどころか、嫌な妄想を増幅させるだけなのかなと感じました。

似たような事を書いてらっしゃる方がいます。
コメントでは女性が、女性支援への不信についても書かれていました
https://jafarec.com/2017/02/23/あなたは悪くない・・・だけじゃダメ/
by 学ぶ人 (2017-05-17 11:51) 

ドイホー

面白い。味沢先生ですね。時々フェイスブックなどでニアミスをして勉強させていただいています。いつもとても心強く感じています。もっともっとメジャーになっていただきたいですね。
by ドイホー (2017-05-18 16:34) 

ドイホー

改めて自分の記事を読んでみると、「不安をあおっておいて、自分だけは味方だ」という意識付けをしているのは、片親疎外の親に大変よく似ていますね。偽装宗教団体というかなんというか。
by ドイホー (2017-05-18 16:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る