So-net無料ブログ作成

犯罪をしたのに無罪?責任能力(心神喪失)とは。アルコールと向精神薬。 [刑事事件]

テレビで犯罪報道なんかあって、
あまりに陰惨な事件で、
これは死刑だろうという事件に限って、
責任能力が争われ、弁護人は無罪を主張する
なんて報道がされることを耳にされた方も
多いと思います。

心神喪失下の行為は責任能力が無いということで、
無罪となります。
では、心神喪失とは何か
教科書では事理弁識能力が無いとかかれていて、
じゅげむじゅげむみたいです。

要するに、自分がやったことがどうなるかわからない状態
ということになります。
自分が手を振り回すことで、人にあたるけれど、
その結果人が痛いと思ったり、
傷ついたりするというということはわかっても、
それが、なにか面倒なことになるなという
意識を持てない事情がある場合ですが、
わかりにくいでしょうか。

責任能力が無ければ無罪にするというのは、
国家政策ですが、
歴史的に、あるいは他国との比較の中で、
こうしようということが積み重なってきて
こうなっています。

刑法学的には、
国家が人を処罰することが正当化されるのは、
自分がこれからやることが犯罪だと分かれば、
人はこれをやめようとしなければならない、
それでも敢えて犯罪を敢行したところに、
その人を非難できる根拠があると説明されます。

そうだとすると、
自分がやることが犯罪(たとえば、殺人、窃盗等々)
だとわかっても、
それが悪いことだと認識できない状態にあれば、
処罰できないということになるわけです。

ただ、大抵の場合、
心神喪失が認められることはありません。
酒に酔っ払って、気が大きくなってという程度では、
心神喪失になることはありません。

心神喪失下では、犯罪遂行能力も
通常は無いわけです。
精神疾患といっても、
通常は、責任能力ありということになっています。

わかりやすく問題になるのは、
薬物中毒です。
向精神薬の中には、副作用として、
健忘や攻撃性がでるものがあるようです。

健忘とは、自分がやったことを覚えていないということですが、
単純に覚えていないだけでなく、
異常な行動をするようなのです。
酒飲んで、酔っ払って覚えていないというのは、
通常は覚えていないふりしているか、
眠っているかということですが、
行動を覚えていないということのようです。

また、落ち込んでいる気持ちを上向きにする薬ですので、
人によっては攻撃的になるのも
ありうる話かなと素人的には思えます。

アルコールは、中枢神経を抑制するとともに、
向精神薬の働きを強調してしまう作用があるようです。

したがって、向精神薬をアルコールとともに飲むと
大変なことになるわけです。

病院でも睡眠障害の患者さんに、
向精神薬を処方している場合がありますが、
専門医ではないと、
ハルシオンなどが向精神薬であることを認識せずに、
睡眠薬としてのみ考えて処方していることがあるようです。

そうでなくとも、薬の説明書きには
副作用やら禁忌やらが小さい字で山のように書かれているし、
まさか酒飲んで薬飲む人はいないだろうと
思うかもしれません。
いちいち注意することは無いのかもしれません。

しかし、不安等から睡眠障害となっている場合、
出張とか、環境が変わるとか、
不安が募る要素がある場合、
処方された分量では眠れないために、
薬の量を増やしたり、
酒飲んで眠ってしまったという経験から、
酒と一緒に睡眠薬を服用するということが
起きることは、実際はまれではないようです。

そうすると、
体は眠らず、
理性だけが眠り込んでしまい、
いわゆる夢遊病みたいな状態となり、
不可解な行動に出ることがあるようです。

泥酔状態だけど、
ある程度体は動くみたいな、
スイッチが入ったような状態なのでしょう。
目撃した人の話によると、
何か話しているけれどろれつが回っていなくて
何を言っているのかわからない。
自分のものと他人のものと区別がつかない。

こういう状態でも人のものを持っていこうとしているならば、
警察は逮捕しなければならない。
でも、裁判を提起できるか。
弁護人は、心神喪失を主張するわけです。

じゃあ、まったく釈放か
ということになるわけですが、
先ず弁護人は心神喪失を主張し、
そのあとで考えるということになります。
何を考えるか、どういう制度があるかについては、
明日ということで。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

yokotanGOGO

yokotanGOGOと申します、はじめまして。

私も心神喪失状態だったからという理由で無罪となったり減刑となったりする日本の司法制度に疑問を持っています。

障害者の方やご家族の方々が偏見でこれ以上苦しんだりしませんようにと思う一方で、全ての犯罪被害者が納得できるように解決し、早く心や体の傷が癒やされるような司法制度はできないものか、そう願っています。

by yokotanGOGO (2017-11-12 16:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0