So-net無料ブログ作成

うつ病等の休職中の方の居場所を作りたい 過労自死予防研究survivor4 [労災事件]

私の仕事の特徴みたいなことから
うつ病等で仕事を長期間休んでいる方々との
お付き合いが多くあります。

みなさん優秀な方々です。

うつ病になる方は、思考回路が私と違うようです。
私なんぞ、「面倒だからやらない」
というの自然の発想なのですが、

うつ病になる方は
「面倒だからと言ってやらないと
 自分がだめになってしまう」
という発想になって、
ますます頑張ってしまうようです。

そしてやり遂げてしまうわけです。
時間的に、あるいはストレスとしても
無理をしてしまうところがあるようです。
そして無理が効いてしまうのです。

パワハラを受ける人は
例えば営業成績の良い人で、
営業所全体にノルマが課されると
その人を追いつめてノルマを達成しようとするものだから
パワハラの餌食(えじき)になるわけです。

ちゃらんぽらんなひとは
パワハラを受けません。

取引先の無理難題も
時間をかけて、馬鹿正直に対応する人が
パワハラの被害者になるようです。

私の周りだけで仕事を休んでいる人たちが多いのですから、
日本国中どれだけの優秀な人が
日本の産業から離れていることでしょう。
気が遠くなるくらい、もったいない話です。

仕方がないことかもしれませんが、
投薬をされて、
不自然なやる気だけが不自然に現れたり、
一日中ぼーっとしていて
何もできない人たちもたくさんいます。

でも、経験上
その人たちは、何とか自分の能力を発揮したいと願っています。
でも、どうしても生活のリズムが作れない。

また、働いていた時のように無理をしては
精神状態を悪くすることもあるようです。

私は、そういう人たちに無理をしないことを
お話しします。

生活のリズムを作りたいなら、
午前中の決まった時間に部屋を出て、
図書館に行って、
必ず何冊かおいてある
水島広子先生の対人関係療法の本を
読んでくるようにアドバイスします。

そんなことでも、
他人が近くにいることがハードルになったり、
近くに図書館がないことがハードルになったり
簡単なことではありません。

そこで、
例えば、マンションや事務室みたいなところを借り切り、
休職者の方々が自由に時間を過ごすことができる
空間があればよいと思います。

そこで何をするか、
基本的には何もしないのです。
お茶とお菓子くらいは用意しましょう。

あとは、本を読んでも良いし、
景色を眺めていても良いし、
スマホをいじっていても良いし

ルールは、他人に指図したり、批判したりしないこと
おそらくこれは、
休職者の方々は、言わなくてもそうするでしょう。

そのルールを守れば
話し合いをしても良いでしょう。
自分がどうして休職することになったのかを
自然と話す人も出てくるでしょう。

もちろんはなしたくない人は話さなくても良いし
話を聞きたくない人は
聞こえにくい場所に行くことも自由です。

結局何かというと
その人の現状、できること、できないことを
受け入れる、受け容れられている
という実感をもつことがポイントだと思うのです。

だから
なるべく公的な機関が設置した方が良いと思います。

優秀な人たちですから
自分以外の人たちの経験談を聞いていくうちに
自分のどの部分に問題があり、
どう修正すればよいのかということが
自然に身についていくと思います。

自分では自分の良いところも悪いところも
気が付きにくいのですが、
他人の悪いところはクリアーに見えます。
自分に置き換えることはそう難しいことではありません。

もっとも、
ファシリテーター的な職員や
葛藤が高まってしまった人への対処が
必要になるかもしれませんので、
費用は掛かるわけです。

もちろん、部屋代もかかるので
お金はある程度必要になります。

この施設に対する理解がなければ
どんどん予算が削られていくかもしれません。

有川浩さんの
「明日の子供たち」
という本の後半に
子ども版のこのような施設が描かれています。

おそらく同じ効果を期待してというか、
居場所のほしい人たちの居場所
を提供するという考えではないかと思われます。

不完全な、不自由な居場所でも
休職されている方々は本当に喜ばれます。
しっかりした、安定した
行こうと思えばいつでもいける
そんな施設があればいいなあと思っています。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

休職中

その通りです。そんな居場所があるだけで、心が落ち着く人もいるはずです。私もそんな場所があれば行きたい。
by 休職中 (2019-06-12 11:12) 

ドイホー

コメントありがとうございます。東北希望の会
https://kiboutouhoku.shopinfo.jp/
がそんな例会をしています。但し、2時間なので、居場所とまで言えるか心配ですが。仕事が原因になってうつ病になり退職後も通院している方や、お子さんがうつ病になった方で克服された方なんかがよくいらっしゃっています。会話はまったりしています。
by ドイホー (2019-06-26 14:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0