So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

How to love our enemies 汝の敵の愛し方 [自死(自殺)・不明死、葛藤]



前回の記事では、
敵とは、
自分の仲間の中における自分の立場を危うくする存在
と定義しました。

愛そうとするだけで、
交感神経のある程度の低下を期待できるので、
それだけでも役に立つ思考技術だとも言いました。

しかし、敵を愛するということは簡単なことではありません。

もう一つ、愛する意味について考える必要がありそうです。

日常的に愛するという言葉は、
「気が付いていたらいつの間にか好きになっていた」
というような自発的な感情として語られると思います。

しかし、敵は、
自分の人間関係を危うくする存在ですから、
けがをさせられたり、命を脅かされることと同じで、
生き物として、
好ましい感情が自然にわいてくるということはありえません。
生き物の特徴である
生きようとする意欲を持つことは、
生きるための障害を取り除こうとすることこそ自然な感情です。

その障害を好ましいと思うことは、
むしろ不道徳なことだと思います。

おそらく、キリストの説く愛、アガペーは、
そのような自然な自発的感情ではなく、
能動的な行為であると思います。
愛とは、努力を伴う思考作業だと思います。

最低限の条件として、
相手の存在を否定しないことになるのではないでしょうか。

愛とは、相手が人間として存在することを
承認することが出発点だと思います。

ここで、大人の思考、合理的思考として
行わなければならないことがあります。

敵だと思う相手は、
自分と独立して存在するのだということです。

相手から嫌な思いをさせられると、
ついつい、自分と相手の関係性だけで
相手が存在するように考えてしまいます。
相手が自分に嫌な思いをさせる理由を
自分の存在や自分と相手の関係性に求めてしまうのです。

敵である相手が自分から独立して存在するという考えは、
相手の自分に対する敵対行為は、
先ず、相手自身の状態の反映かもしれない
と考えることができます。

何か、別に理由があるのではないか
と考えることを提案します。

特に、相手の自分に対する妨害行動が
怒りや憎しみを伴っている場合は、
相手が何らかの不安を抱いている場合です。

先ず、自分の存在を脅かす出来事を感じた場合、
人間に限らず多くの動物は、
不安を感じます。

その次に、不安の解消可能性の主観的判断に応じて、
怒り、
憎悪、
恐怖、
絶望

不安解消方法を実行できる場合、
怒りを感じ、不安の原因を攻撃することによって
不安を解消しようとします。

直ちに不安の原因を除去できなくても
いずれ攻撃によって不安を解消できるかもしれない
と思うと憎悪を感じます。

自分の力では不安を解消できない、
不安から逃げなければならない場合は
恐怖を感じます。

逃げることもできない場合は
絶望を感じるほかありません。

怒りの特徴の一つが、
根本的な不安に怒りが向かわないということがあります。
怒りの根本的原因は、
国家だったり、社会だったり、会社だったり制度だったり、
とても太刀打ちできないことが多いからです。

大雑把に言って、
怒りの80%以上は八つ当たりではないかと感じています。

例えば、あなたが道を歩いていて肩がぶつかり、
相手からにらまれたとしても、
彼の根本的不安は、
貴方がよけなかったことではなく、
上司が自分を公平に見てくれないことだったり、
自分の妻が言いがかりみたいなことで喧嘩を売ってきたことだったり、
再就職先が見つからないことだったりします。

自分が、他人から大事にされていない
だから、あなたと肩がぶつかったことも、
貴方という不特定多数人の一人が
やはり自分を尊重していないと
自分は馬鹿にされる存在だと
勝手にいじけていることの反映である可能性があるわけです。

怒りは、このように、
それ自体では、何かが解決しないどころか
ますます自分を窮地に追い詰めることもあります。

でも、
怒っているとき、誰かを攻撃しているとき、
一時的に不安が解消ないし緩和されるので、
追い込まれている人ほど怒りやすくなるものです。

さて、
他人の怒りと出会ったならば
最初に行うことは、
その人は、あなたにとって大切にするべき人間関係にある人か否か
という判断をすることです。

道で肩がぶつかったような人であれば、
何ら大切にするべき人ではないので、
貴方はこの人との関係が悪くなる心配をする必要がありません。
早急にこの人との関係を切り、その場から離脱することを目指しましょう。

やるべきことは形式的なことです。
謝罪をするなど、
敵意のないこと、ぶつかる意図がなかったことを示しましょう。
これを誠実に行うことがエチケットというやつです。

それでも相手がグダグダいうようだったら、
誰かに助けを求め、
相手に勝てると思わせない工夫をすることです。
つまり、誰かに助けを求めるということです。

次に、敵だと思う相手が
継続的な人間関係を作らなければならない人である場合です。

この場合でも、特に家族以外であれば、
最終的には、人間関係から離脱をする選択肢もある
ということを意識することは大切です。

しかし、第1次的には、
相手の不安の根源を見極めることでしょう。
相手と自分の関係の文脈で事態を理解しようとしないで、
先ずは、相手には何らかの不安があり、
その不安を解消しようとしているという
上から目線で全体を見る
という思考作業が有効だと思います。

それから先は、先の事例と共通します。
即ち孤立しないこと。
仲間に相談することです。
どうしても自分は、相手の悪意を感じると
自分を守ろうとしますから、
自分と相手の関係に原因を求めようとします。
だから、危険意識を感じない第三者の
視点を利用するということです。

だから、その相談相手は、
相手との対立をあおるような人は失格です。

そうして、相手に敵意のないことを示します。
挨拶というものはそういうものです。
返事を返さなくても
堂々と挨拶を続けること、
そうしながら自分の仲間を増やすことです。

仲間は、その現場になくてもかまいません。
一番有効な仲間は家庭にいます。
家族を大切にするということは、
とても大切なことなのです。

ただ、それでも解決しない場合は、
専門家の視点を導入する必要があります。

この時、現段階では、職業はあまりあてになりません。
職場や学校等トラブルの専門家でなくてはなりません。

問題は、家族の中に敵がいると感じる場合です。

しかし、基本的な作業は同じです。
先ず、相手が何について不安を感じているのか、
それは解消するべきなのか、
その人間関係を断ち切ることを決断するべきなのか、
一緒に考えることです。

そうして、自分は敵意がないということを示すことです。

家族以外の第三者が、
相手に働きかけて
自分に対する怒りの感情を作り出している場合があります。

その作り出された怒りを抱いた相手に
こちらも怒りを向けては
解決しなくなります。

怒りを作り出した相手が誰なのか
どうしたら怒りが錯覚であるのかを
相手が理解するのか
考えるべきでしょう。

それが解決の第一歩です。


nice!(0)  コメント(0) 

汝の敵を愛せよ イエスキリストの言葉と対人関係学から考える合理性 [故事、ことわざ、熟語対人関係学]

キリスト教の教義に立ち入った話をするわけではありません。

対人関係学的に考えた場合、
この言葉はとても素晴らしい言葉です。
ヒューマニズムそのものですし、
これは、人間が生きていくために
常に意識する必要があるということが
対人関係学の帰結です。

ただ、それは、その方がよりよく生きられる
というよりも、
損をしない生き方、
失敗を大きくしない方法という
生きるための知恵という意味合いがあります。

先ず、
群れを作る動物である人間には、
仲間の中で尊重されて存在したいという
遺伝子に組み込まれた根源的要求があります、

尊重されて存在するとは、
自分が、いつまでも群れの中に安住できる状態でありたい
ということです。
追放の危険を感じないで存在する
と言い換えてもよいでしょう。

「敵」というのは、
結局、自分以外の人間であり、
怒りを向ける相手
という存在だと思います。

これは、せんじつめれば、
自分の群れの中での安住を
相手に妨害されているという
危機感を感じて、
この危機感を解消しようとする
心理状態の一つが怒りだということです。

もちろん、
身体生命の危険が生じた場合も
怒りが生じる場合がありますが
今回は身体生命の危険ではなく
対人関係の危険による
怒りについての考察です。

怒りを持つことは、
怒りを持った人に、
様々な不利益を与えてしまいます。

第1に、怒りを持つと
その相手と自分との人間関係が
極めて不安定なものになってしまいます。

その相手から追放される可能性もあるでしょうし、
そもそも、仲間という関係が失われてしまうことは、
群れを作る動物である人間としては、
遺伝子的レベルで、
無意識に不安を感じてしまうことになります。

第2に、相手に怒りを向けると
不思議なことに、
怒られた相手に対して
気持ちの深いところで、
同情というか、情けなさの共鳴というか
自覚することが難しい嫌な気持ちがわいてきます。

誰かに攻撃的な気持ちになると、
自分の心も傷つけることが
どうしても避けられないようになります。

それでも、そういうきれいごとな気持ちにはならないよ
というひともいるでしょう。
そういう人は、誰かを攻撃することに
もしかして馴れてしまったのかもしれません。

しかし、そういう人が本当にいたとしたら、
その人は、
人間という存在が傷つけられていても
心を痛めないという状態になってしまっているので、
およそ人間は大事にしなければならない
という気持ちを持つことができなくなっていることになります。

そうなると、
自分のことも、大切にすることが
難しくなっていきます。
大切にしているつもりでも、
たとえば、財産を確保しているだけだったり、
身体の完全性を確保しているだけだったりすることがあります。

心が摩耗していけば、
後ろめたさの一切ない安心感というものを得ることが
さらに難しくなり、
益々形式的な幸せを求めるようになりますが、
言葉では幸せだと言い聞かせても
満足ができる状態にはなりません。
益々形式的幸せを求めて、
自分と他人を不幸にしてゆきます。

これが第3の不利益です。

第4の不利益は、もっと実務的な話です。

怒りは、
交感神経を活性化させてしまいますから、
様々な要素を検討するという能力が低下し、
二者択一的思考となってしまいます。

また、将来的な見通しを立てるとか、
他人の感情の状態といった
複雑な思考ができにくくなってしまいます。

相手に対する怒りが増大していき、
相手を、いろいろな意味でたたきのめさなければならない
という意識を持ちやすくなります。

周囲の人間に対しても、
自分の敵か味方かという択一的な評価になりがちです。
いろいろな出来事も、
相手と自分の関係の中で起きているような錯覚が生じます。

様々な事実を見誤るということが生じるわけです。
関係のないところでミスをしたりすることも出てくるでしょう。

象徴的なことは、
敵と味方を見誤まることです。

信用してはならない人を信用して
大きな損をすることが出てきます。
本当は、自分が間違った人を味方につけていても、
うまくいかないことは、当初の敵のせいだ
という怒りの思考に支配されていますから、
気が付きません。

本当に自分に不利益を与えている人が
自分が味方だと思いこまされている人かもしれません。

本当に戦うべき相手は別にいるかもしれません。
しかし、怒りに支配されている状態では、
脳の機能が低下していますから、
気が付くことはできません。

では、怒らなければ良いのでしょうか。
冷静に自分の利益を検討すればよいのでしょうか。

それはそうなのですが
どうすれば、自分の存在を脅かすのではないか
と思っている相手に対して、怒りを抱かずに
冷静に対処できるのでしょう。
これはなかなか難しい技術です。

少なくとも、
その困難な矛盾を解決する方法が、
汝の敵を愛せよ
という方法論なのです。

怒らない
ということはなかなか難しいです。
しかし、怒りを覚えたときに、
相手を愛する努力をする
そうすると、
怒りはだいぶ緩和されます。

攻撃して叩き潰す
という動物の本能を緩和させることができます。
自分が何をしなければならないか
ということが、見えてきやすくなると思いませんか。

怒りに任せて頓珍漢なことをするよりも
よっぽど自分の本当の利益を追求しやすくなります。

対人関係学は、
ゼロの先のプラスを目指すことを主張します。
いじめゼロを目指すのではなく、相手の弱点をかばいあうことをする
とか、
パワハラゼロを目指すのではなく
助け合う職場関係を作る
といったように、
悪いことをしない
ということでは、なかなか解決が付かない問題は、
その反対の行動をとることで、
解決に近づいていくという主張です。

だから、
汝の敵に怒りを向けるな
ということではなく、
汝の敵を愛せよ
という言葉が
とても素晴らしいと
いつも感動をもって自分に言い聞かせている次第です。


nice!(0)  コメント(0) 

依頼者とコミュニケーションが取れない理由 カウンセリングの人間観と弁護士業務 [事務所生活]

私は、いつもは、
他の弁護士と共同しないで
一人で事件を担当します。

しかし、まれに
一人の被疑者と時間差で面会したり、
事務的な作業で同じ依頼者と
複数の弁護士で打ち合わせをすることがあります。

自分以外の弁護士が、
依頼者とどのように接しているかを知る貴重な機会です。

中には、被告人を軽蔑するような態度をとったり、
相談に来た人を説教したりして、
上から目線の弁護士がいることに
驚いたりします。

依頼者とコミュニケーションが取れないとか
依頼者が理解できないと
悩みを持つ人は大変良心的だということになります。
もしかすると
多くの弁護士は、そもそも
コミュニケーションを取ろうとか
理解しようとか
そんなことが必要だとも考えていないかもしれないからです。

人間ですから、
もちろん、理解しずらい相性の悪い人
という人がいてもおかしくありません。

また、弁護士のスタイルというのは
千差万別であるところが力でもあると思うので、
一概に良い悪いという二者択一的判断にはなじまないとも思います。

ただ、悩む弁護士の方に、
一つの解決方法のヒントをお話ししたいと思います。

私が何か特別なヒューマニズムの持ち主とか
人一倍謙虚な性格だ
というわけではありません。

いくつか理由のあるうちの一つは、
知識です。
人間とは何かという人間観についての「知識」なのです。

私がこれを学んだのは
平木典子先生の朝日選書「カウンセリングの話 増補」です。

司法試験に合格して、
法律以外の勉強に飢えていた時、
真っ先に購入して読んだ本です。

現在、3回目の読み直しをしているところです。

その都度ほとんど覚えておらず、新鮮な気持ちで読めるのですが、
ぼんやり覚えていたのが、
カウンセリングの前提としての人間観の記述でした。

P19 マクレーガーのXY理論
マクレーガーは人間信頼論にたちます。

人間信頼論とは
人間は本性的に働くことが好きであり、
遊びや休息と労働は同じものである。
人間はそもそも、成長したり創造したり働いたりする意欲が備わっている存在で、
その意欲が自然に発揮できるような状況に人間を置くことが大切だと考える。
という風に考えるそうです。

マクレガーの師匠がマズローという人で、

P21 マズローの人間観
人間は生まれながらにして
より成長しよう
自分の持てるものを最高に発揮しようと
動機付けを持つ存在である
という人間観を持ち、

欲求の五段階説というものを唱えています。

⑤ 自己実現の要求 可能性の実現、使命の達成
④ 承認の要求   人から尊敬されたい、自尊心を持ちたい。   
③ 所属と愛の欲求 集団に所属したい。友情を分かち合いたい。
② 安全の欲求   保護されたい。雨風をしのぎたい
① 生理的欲求   性欲。飢え、渇きを満たしたい。


①が満たされて②の要求が出てきて、
①と②が満たされて③の要求が出てくる
というのです。

但し、対人関係学では、この関係は
そのような段階を踏むものではなく、
また、大きく、身体生命の要求と対人関係的要求は
次元を異にするもので併存するものだと考えるので、

身体生命の安全とは        
動物としての欲求        
生理的な欲求、食欲、
性欲、睡眠欲、その他、     
身体生命の危険を回避する欲求  

対人関係的な安全                
人間としての要求                
集団に尊重されて帰属したい
尊敬される、自己実現などは手段的な要求
自尊心、友情は結果的な要求

ということになり、
自分の身体の安全を顧みずに
対人関係的要求に基づく行為に出ることがある
と説明するのです。

違いはあるのですが、
マズローの五段階欲求の
概念がある意味前提となったり論だということに
気が付きました。

それはさておき、
弁護士業務にとっての一番大事な人間観は
ロジャースのものです。

P36
ロジャーズ 来談者中心療法
従来行われてきたカウンセリングは、
指示的なカウンセリングではないか。
つまり、カウンセラーが中心で、
「ああせよ」「こうせよ」と指示する傾向の強いカウンセリングではないかと批判し、
自分のカウンセリングは非指示的―後に来談者中心に改められる━で、
クライエントの成長の力を信じ、
その力と決断力を中心に進めるカウンセリングであると主張したのである。

クライエントというのは、
実は問題の所在を知っているものだということに気づいた。
あれこれアドバイスはしていたが、
カウンセラーが考えているよりもはるかに深い問題を、
クライエントは知っていたのだ。

クライエントは本来問題を知っているのだ。
しかも問題をどう解決し、
どのように生きていこうかということを真剣に考え、
自分の中ではぐくんでいるのは、実はクライエント本人何度だ。

P40
カウンセラーは、
クライエントが本来持っている力を発揮できない障害や負担を
取り除く援助をする。

カウンセラーとクライエントは人間として同等のところにいる。

カウンセリングの援助は、
どちらかというとともに歩むという考え方が基本になる。
知識や技術を一方的に押し付けるのではなく、
むしろ相手の力の方を頼りにしながら、
一緒に歩んでいく存在なのである。

1年くらい前に、
人を支援する方法ということをこのブログに書いて、
さも自分が発見したように述べていましたが、
ロジャースの編み出した療法として
確立していた物でありました。

但し、私は、この論述を忘れていたのであり、
オープンダイアローグの手法の根幹がここにあると
そういう分析から考えついたと思っていたのですが、
やはり、記憶の基本的なとこに
覚えていたからこそ分析できたのでしょう。

少し結論めいたことを言って終わりましょう。

①これらの人間の根底にあることは、
人間はよりよく生きられればよりよくいきたいと
そういう方向性を持った動物であるということ。

②犯罪や破産や離婚等の社会的病理は、
よりよく生きられない何らかの障壁があったということであること。
即ち必ず理由があるということ。

③弁護士や、その他の支援をする人たちの任務は
その障壁を取り除く手伝いをすること
そのための専門的な知識と技術を用いるのだということ

④その障壁は、通常語られない
弁護士の予備知識には入っていない
従って、クライアント本人が
それに気が付いて、克服する方法を見出し、
克服する作業を行わなければならないこと、

⑤つまり弁護士は、
クライアントにあれこれ指図をして
あるいはクライアントから離れて仕事をするのではなく、
クライアントと
人間的な意味である生きる意欲を回復するために
共同作業をする仲間のプロなのだ
ということです。

間違っても、
「犯罪をするような人」の属性があるわけではなく、
犯罪に至る本人以外の環境などの理由がある
ということだと思います。

属性で犯罪するのであれば
有効な弁護はできないと確信しています。

弁護士は偉そうにしていたので、
仲間になることはできません。
それでは、クライアントの潜在能力が発揮できません。

例えばその人を弁護するという仕事であれば、
その人から学ばなければ、
出発点に立つこともできないわけです。

さて、
そもそも根幹である
「人間は生まれながらにして
 より成長しよう
 自分の持てるものを最高に発揮しようと
 動機付けを持つ存在である」
ということが正しいのかどうか
きれいごとではないか
という疑問が残っている方もいらっしゃるでしょう。

これは、対人関係学的に言えば
疑いを持つほどの話でもない
ということになります。

つまり、
①動物である以上、個体は「生きようとする」
②人間である以上、個体は、「群れから尊重されながら生きようとする」
つまり、「群れから排除されないように生きようとする」
ということですね。
そして、
③群れにとどまるためには、
群れに必要とされるために
自分がより成長して群れからより尊重されなければならない
より自分の持てる力を発揮しようとする。
これは当たり前だということになります。

即ち、人間が成長や高度の能力を身につけようとする存在だということは
きれい事というよりは
どちらかという強迫観念に近いもの
であるとする方が近いと思います。

これがゆきすぎて無理をする環境となると
過労死が起こるわけです。

カウンセリングの人間観から
対人関係学の人間観を説明しました。




nice!(0)  コメント(0)